ボトックス メスを使わずにしわが消える

筋肉の収縮は、神経・筋接合部から放出される神経伝達物質アセチルコリンの作用によって起こります。ボトックスはこのアセチルコリンの働きを止めるため、筋肉の収縮が起こらなくなります。また、アセチルコリンの分泌によって起きる発汗を止めることも可能です。

ボトックス注入後3か月辺りから新しい神経が伸びてきます。この神経が繋がりアセチルコリンが伝達されるようになると再び筋収縮が起こるようになります。ボトックスの効果は大体3か月〜半年でなくなってしまいます。ボトックスの効果がなくなってしまうと、ボトックスを再注入する必要が出てきます。